【初心者向け】完全版!海外FXの始め方をわかりやすく徹底解説

海外FXは国内の業者ではないため、日本に住んでいても問題なく始められるのか気になりませんか?

中には日本語対応していない業者もあるため、どのようにして海外FXを始めていくのか知っておきたいところですよね。

実は海外FXといっても、始め方は特段難しくなく開設後のトレードも問題なく行えます。

そこで今回は、実際に海外FX業者GEMFOREXを利用してトレードしている筆者が、海外FXの始め方を細かく解説していきます。

始める前に知っておきたい海外FXの5つの注意点

海外FXの始め方をお伝えしていく前に、始める前に知っておくべき海外FXの注意点を5つ紹介していきます。

注意点を知らないまま始めてしまうと、思わぬトラブルに遭遇してしまう可能性もあるため、事前にしっかりと把握していきましょう。

シホ

以下が、5つの注意点です。
  1. 不当に出金拒否をする悪質業者もいる
  2. 円口座に対応していない業者もある
  3. 日本語でのサポートが受けられない業者もある
  4. 利益が出たら税金を支払う必要がある
  5. 業者が倒産してしまったら預けていた資金は戻ってこない可能性がある

以下で、それぞれの点について詳しく解説していきます。

不当に出金拒否をする悪質業者もいる

海外FXでは、利益は出ていても出金申請に応じてもらえないというトラブルが起きているのも事実です。

実際に、独立行政法人国民生活センターのHPでも注意喚起がされています。

参考:独立行政法人国民生活センター 

そのため、比較的信頼性の高い業者を選んでいく必要があります。

一つの指標として、その業者が金融ライセンスを取得しているかどうかを確認しましょう。

金融ライセンスとは、本籍地がある国の金融当局が発行するいわば営業許可証のことで、その国の金融庁が定める一定の基準をクリアしている証明となります。

つまり、金融ライセンスの取得有無は、業者として一定レベルの信用性があることを図る基準となります。

また、業者の評判や口コミ、あるいはユーザー数が多いかどうかも業者選びの参考にすると良いでしょう。

ユーザー数が多ければ悪徳業者ではないと断言できるわけではありませんが、比較的リスクを抑えることができます。

円口座に対応していない業者もある

海外FX業者には、日本円口座に対応している業者と、対応していない業者があります。

日本円口座に対応していない場合、米ドル口座やユーロ口座での利用が一般的です。

例えば、米ドル口座を利用した場合、トレード画面や損益表示画面が全て米ドル表記となります。

また、日本円で口座に入金することも可能ですが、入金時に日本円から米ドルに変換され、為替手数料が発生してしまいます。

海外に住んでいて、普段米ドルで生活をしている等でなければ、日本円口座の利用がおすすめです。

日本円口座に対応しているかどうかにも注意して業者を選ぶと良いでしょう。

日本語でのサポートが受けられない業者もある

海外FXは拠点が海外にあるため、日本語でのサポートを受けられない業者も多くあります。

外国語が堪能でない限り、特に入出金に関してトラブルが起きた場合、日本語でのサポートサービスの有無は重要な差となってきます。

また、日本語サポートサービスがあると謳ってはいても、外国人スタッフが翻訳サービスを利用してメールを返信している業者もあり、サービスの質が低い業者もあります。

加えて、メールの返信対応が遅かったり等といったケースもあるため、実際に利用している人の評判や口コミ等を参考にすると良いでしょう。

利益が出たら税金を支払う必要がある

海外FXであっても国内FXであっても、利益が出ればもちろん税金を支払う必要があります。

しかし、海外FXと国内FXでは課税方式が異なるため注意しましょう。

それぞれの税金に関する違いを以下の図でまとめました。

国内FXが申告分離課税方式である一方、海外FXは総合課税方式で課税されます。

また、海外FXの所得は雑所得に分類されるため、同じく雑所得に分類される所得であれば損益通算することが可能です。

例えば、他の業者を利用している海外FXはもちろん、暗号資産(仮想通貨)やネットでの転売、アフィリエイト報酬等も総合課税の雑所得に分類されるため、損益通算できます。

なお、海外FXと国内FXを損益通算することはできないため注意しましょう。

業者が倒産してしまったら預けていた資金は戻ってこない可能性がある

国内FXでは信託保全が義務付けられていますが、海外FXでは必ずしも信託保全されているわけではありません。

信託保全とは、顧客から預かった資産を信託銀行等の信託口座に預け入れて、会社の資金と区別して顧客の資金を保護することです。

信託口座に預けている資金は、万一FX業者が倒産したときでも差し押さえの対象とはならないため、顧客に対して全額資金が戻されます。

ケイマン諸島やキプロス等、条件が厳しいといわれる国で金融ライセンスを取得している海外FX業者であれば信託保全しているケースもありますが、中には信託保全ではなく分別管理を採用している海外FX業者も多くあります。

分別管理は、あくまで銀行の別口座に預け入れているだけなので、業者が倒産した場合には差し押さえの対象となり、資金はおそらく返金されないでしょう。

そのため、海外FX業者を選ぶ際には、資金管理方法や信頼性を重視する他、利益が出たら定期的に出金しておくことをおすすめします。

りらく

リスクヘッジできる部分は自分でしっかりやっていかないとだね!

海外FXの始め方をわかりやすく解説!

海外FXを始めるには、以下のような手順で進めていきます。

  1. 海外FX業者の選定
  2. 口座の開設
  3. トレードツールをインストール
  4. 入金
  5. トレード開始
  6. 利益が出たら出金

海外FX業者の選定

まず始めに、どこの海外FX業者を利用してトレードをするのか決めましょう。

上記でお伝えした注意点を踏まえ、信頼性や安心度、利便性の点から以下のポイントに着目して業者を選びましょう。

  1. 金融ライセンスを取得しているか
  2. 日本語サポートの質は高いか
  3. 入出金方法
  4. MT4を利用できるか
  5. レバレッジは何倍まで効かせられるか
  6. ボーナスがもらえるか

注意点の項目で触れていない部分にフォーカスして解説していきます。

(3)の入出金の手軽さ、についてですが、海外FX業者によって入出金方法も異なります。

詳しい入出金方法は④入金・⑥出金の項目で後述しますが、海外FXを初めて利用するのであれば、後々のトラブルを回避するためにも業者の入出金方法は事前にリサーチしておきましょう。

(5)は、海外FXの最大の魅力とも言われるレバレッジの高さについてです。

ハイレバレッジでのトレードはリスクも大きくなる一方で、少ない自己資金で効率的に利益をつくれるという大きなメリットがあります。

例えば、1Lot = 10万通貨の海外FX業者で、USD/JPYを最低取引単位0.01Lot(1,000通貨)でトレードする場合、レバレッジの大きさによって用意する必要のある資金(必要証拠金)は以下のように変わります。

なお、最低取引単位は海外FX業者によって異なります。

レバレッジを1,000倍まで効かせられる業者であれば、0.01Lot(100,000円)のトレードは100円用意すれば可能になるわけです。

これが、レバレッジを大きく効かせられる海外FXの最大の魅力です。

国内FXは25倍までですが、100倍以上のレバレッジを効かせてトレードすることができます。

実際に、このレバレッジの高さを業者選びの基準の1つとしている方は多いです。

どのくらいまでレバレッジを効かせられるかも口座を選ぶ上では着目すべきポイントですね。

最後に(6)について、海外FX業者の中には口座開設時には数千円から数万円を、また入金時には入金額に対して一定割合を上乗せして、トレード用の資金として提供してくれる業者があります。

この資金をボーナスと言い、ボーナスの金額(割合)や付与条件は業者によって異なります。

私も口座開設ボーナスを目的に海外FXでのトレードを始めました。

GemForexは、口座開設ボーナスの金額が業界最高水準であり、かつ入金ボーナスのキャンペーンも頻繁に実施しているため、実際に開設してみました。

以下が、私が実際に口座開設ボーナスをもらえたときのトレード管理画面です。

私が口座開設をした時は、20,000円の口座開設ボーナスがもらえるキャンペーンを実施しており、クレジットの「20,000」と記載がある部分がボーナスを表しています。

ボーナス分の金額は出金することはできませんが、ボーナスをトレードに利用して得られた利益は出金が可能です。

このように、どこの業者で口座開設するかはボーナスにも注目しておくと、さらに少ない自己資金でトレードすることができます。

なお、GemForexのボーナスについて詳しく知りたい方は、このサイトでとてもわかりやすく解説されていたのでぜひ読んでみてください。

>> げむめし GEMFOREXのボーナスを効率よく受け取る方法【知らないと損する】

私もこのサイトを見て、実際にGemForexの口座を開設しました。

りらく

自己資金ゼロなら損失を抱えるリスクもゼロで始められちゃうね。
使わない手はないかも!

口座の開設

口座開設までの手順は、業者によって若干異なりますが、基本的には以下のような流れとなります。

  1. 公式サイトの登録フォームで個人情報の入力
  2. 登録メールアドレスに業者からメールが届く
  3. メール記載のID・パスワードでログイン
  4. 本人確認書類の提出

開設に必要な本人確認書類は、主に以下の3種類です。

  • 身分証明書類:免許証、マイナンバーカード、パスポート等
  • 住所確認書類:住民票、発行日から3ヶ月以内の公共料金請求書等
  • 上記それぞれの書類と本人が一緒に映っている写真

なお、実際の開設手続きにあたっては、開設予定の海外FX業者公式サイトをご確認ください。

身分証明書や住所確認書を提出できれば、多くの業者が即日で、長くても数営業日ほどあれば開設できます。

私はGemForexで口座開設しましたが、公式サイトの登録フォーム入力後、数分で以下のような口座のIDやパスワードが記載されているメールが送られてきました。

メールでIDとパスワードが届いたら、次のステップに進みます。

トレードツールをインストール

トレードを行うためのツールをパソコンもしくはスマートフォンにインストールしましょう。

多くの海外FX業者では、MT4(Meta Trader 4)というツールを利用してトレードを行います。

MT4は世界基準の取引ツールであり、インジケーターと呼ばれるチャート分析のサポートツールが高機能のものまで豊富にあります。

パソコン、スマートフォンどちらでも利用できますが、スマートフォンのほうが扱いやすく操作も簡単です。

初心者の方はスマートフォンで十分でしょう。

トレードに慣れてきて、チャート分析等を細かく行いたい場合は、パソコンに移行して様々なインジケーターを利用していくと良いでしょう。
まずは、MT4をインストールしてみて、メールで送られてきたIDとパスワードでログインしましょう。

入金

MT4にログインできたら、次にトレード用の資金を入金しましょう。

海外FXでの主な入金方法は以下の3通りです。

  1. 国内送金(国内銀行振込)
  2. クレジットカード
  3. オンラインウォレットや仮想通貨

(1)国内送金は、海外FX業者が指定する日本国内の銀行口座に振り込む方法で、国内FX業者の入金方法と違いはありません。

各銀行が定める振込手数料を負担することになりますが、振込手数料無料の銀行を利用すれば特段手数料を払わずに入金が可能ですね。

普段利用する振込を使っての入金のため、比較的簡単にできる入金方法です。

(2)クレジットカードは、通常の買い物と同じ仕組みで、10万円分入金した場合は10万円分の買い物をしたことになり、カード会社の締日をすぎると翌月に同額が口座から引き落とされます。

多くの海外FX業者で、クレジットカードを利用した入金が可能です。

手数料もかからず、また入金が口座に即時反映するため、すぐにトレードを開始することができます。

(3)ビットコイン等の暗号資産(仮想通貨)や、bitwalletやSTICPAY等といったオンラインウォレットを利用しできる海外FX業者も多くあります。

もし入金ボーナスをもらってトレードしていきたいのであれば、国内送金(国内銀行振込)の方法をおすすめします。

なぜなら、入金方法が国内送金以外だとボーナス割合が下がってしまうケースがあるからです。

例えば、100%の入金ボーナスがつくキャンペーン中であっても、入金方法がクレジットカードだと50%に減額されてしまいます。

トレード開始

以下がトレードの流れです。

  1. トレードしたい通貨ペアと取引量を決める
  2. レードが上がると予想すれば買う、下がると予想すれば売る
  3. 利益確定もしくは損切りで決済する

まずは、トレードを行う通貨ペア取引量を決めていきます。

通貨ペアとは、売買する2つの国の通貨のことをいい、米ドルと日本円では「USD/JPY」、ユーロと米ドルであれば「EUR/USD」と表記されます。

左側が「基軸通貨」と言って購入する通貨のこと指し、右側は「決済通貨」で売買する通貨を意味しています。

初めてFXをする場合は、急激な相場変動も起こりにくく比較的低リスクと言われている取引量が多い通貨を選ぶと良いでしょう。

以下は、2016年と2019年における通貨ペアごとの取引シェアを示した図です。

引用:ONADA JAPAN

図をみてわかる通り、取引量が多い代表的な通貨ペアはEUR/USDUSD/JPYです。

経済力や軍事力が世界最大のアメリカの通貨、米ドルはそれだけ信用力があり、また国外でも貿易や金融取引など様々な取引に用いられているため、取引量が圧倒的に多いのです。

また、FXで取引単位を表すのがLotですが、海外FXの場合、1Lot=10万通貨となります。

USD/JPYでトレードする場合、1Lot=1,000万円(1USD=100円の時)ですね。

0.01Lotからトレードできる業者も多くあるため、最初は少ないLot数から始めてトレードに慣れていくとよいでしょう。

次に、ポジションを買いで持つか、売りで持つか決めて、トレードを開始します。

なお、通貨を買っている状態または売っている状態を「ポジション」と言います。

以下が、スマートフォンでの実際のトレード画面です。

買う場合と売る場合のレートは異なり、この時は買う場合のレートが110.123円、売る場合のレートが110.107円です。

この売りレートと買いレートの差額が、FXでの取引コスト、つまりスプレッドです。

0.1Lot(1万USD)で取引した場合の実際に引かれるスプレッドは以下の計算式で算出されます。

取引量に応じたスプレッドの算出方法
スプレッド:0.016円(110.123円 − 110.107円)
実際に引かれるスプレッド:160円(0.016円 × 10,000)

トレード直後は160円のスプレッドが引かれているため、損益は-160円からのスタートとなります。

また、トレードの操作自体は簡単で、青の「買」と書かれている部分をタップすればUSDを買うことになり、赤の「売」と書かれている部分をタップすればUSDを売ることになります。

トレードを開始すると、以下のようにトレード画面で現在保有しているポジションの一覧を確認できます。

今回、レートが下がると予想して0.1Lotを売ったので、赤文字で「sell 0.10」と書かれていますね。

レートが動き、利益確定もしくは損切りの決済をするときには、ポジション一覧のうち、決済したいポジション部分を長押しすると以下の画面が出てきます。

「クローズ」を押すと、以下の決済画面に移動します。

利益確定の場合は、「Close with Profit ●●(利益額)」、損切りの場合は、「Close with Loss -●●(損失額)」と記載されているオレンジの部分をタップすれば決済され、このポジションのトレードは終了です。

基本的なトレード方法はこのような流れです。

⑥利益が出たら出金

最後に、トレードで生み出した利益を出金する方法を解説していきます。

海外fxでの主な出金方法は、入金方法と同様、以下の3通りです。

  1. 国内送金(国内銀行振込)
  2. クレジットカード
  3. オンラインウォレットや仮想通貨

入金方法と同様に、出金方法も業者によって異なるため、開設を検討している業者のサイトで必ず確認してみてくださいね。

上記3通りの出金方法をご紹介しましたが、基本的に入金額までは入金方法と同様の方法で出金することになります。

つまり、10万円をクレジットカードで入金してトレードした結果、5万円の利益が出て合計15万円を出金したい場合、入金額の10万円まではクレジットカードで、利益分の5万円は国内送金で出金となります。
12:11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です